2011年11月20日日曜日

立命館宇治高校で高校生に対して授業を実施





 立命館宇治高校、3年生の「平和開発論」という授業の中で、アイセック同志社大学委員会から送り出し海外インターンシップを実施した大学生3人により授業が実施されました。

Day1:海外に行くということ(同志社大学法学部3年)
(1)グローバルに挑戦し異文化交流の楽しさと自身の成長について
(2)受動的ではなく能動的に~大学生活でのマインドセット~
ということをテーマに
 世界へ挑戦することの大切さや、海外にでることがなぜ重要なのか?大学入学後の行動について考える授業となりました。

Day2:“To Live Globally and Happily!  (同志社大学文学部4年)
(1) 世界に一歩足を踏み入れる大切さや方法が分かる。
(2) セルフエスティームを高め、世界でも通用するコミュニケーション法を知る。
 
 モーリシャスという日本ではあまり知られていない国でのインターンシップの経験や現地の人との交流の報告また、海外インターンシップ以外での海外へ飛び出す方法など自らの経験をもとに高校生に対して授業を実施しました。

Day3:一大学生の大学生活とフィリピンの一NGOの取り組みから見る社会貢献の方向性(同志社大学法学部3年)
(1)社会貢献意識を持った学生活動例を伝えて、高校生たちに大学生活の過ごし方を考える契機となる。
(2)途上国フィリピンの格差を伝え、そこで活動しているNGOの事例を伝え、社会に貢献すう活動の大切さについて考える。

 上記3つの授業を高校生に対して実施しました。高校生と大学生という近い存在であるからこそすんなりと受け入れやすい話であったり、共感できるようなことが多くあったのではないかと思っています。グローバル化といわれる時代で、海外に出ていくことはなくても、海外の人材とのやりとりは必ずあります。その中で自らの常識が常識だと思わず、「世界にはたくさんの常識がある」ということを意識してのぞみ、理解しあうことで活躍していくことができるのではないでしょうか。





2011年11月5日土曜日

同志社大学英字新聞に掲載されました。

アイセック同志社大学委員会の新入生勧誘活動について同志社大学英字新聞に掲載されました。
4ページ

下記URL(PDF)
http://dsnews.web.fc2.com/2011-11/2011-11.pdf

また、アイセック同志社大学委員会の協力して実施した
「そろそろ、世界に仕掛けよう」前韓国大使で同志社大学法学部教授の重家俊範教授とのディスカッション大会についても掲載されています。

2011年11月3日木曜日

台湾で研修中の学生が中國時報の記事になりました。

アイセック同志社大学委員会から送り出し、台湾のNGOでインターンシップをする学生の活動が台湾でもシェアの上位に位置している中國時報の記事になりました。

感念311 日生赴花蓮展開回饋之旅 (2011年10月29日)
http://news.chinatimes.com/domestic/11050614/112011102900066.html


【記事の訳】
311を思い ~日本人学生、花蓮にて恩返しの旅~


 坪忠典さん(大阪在住、関西学院大学経済学部5年生)

 大阪在住、関西学院大学経済学部5回生の坪忠典さんは、3月11日東北大震災の際に、全力を挙げて援助活動や募金活動を行い被災地に愛情の手を差し伸べた台湾人の心に感動し、その恩返しとして特定非営利活動法人アイセック(AIESEC)東華大学支部を通じ、花蓮寿豊郷の志学村にて学生と住民と一体に成りながらボランティア活動に従事している。
 
 『私は本当に人情深い台湾人が大好きです。』坪さんは語る。彼は六週間のボランティア活動を通じて、志学村の歴史や田野調査、写真や録音などを行い、最終的には花蓮に来る観光客の助けになるようなインターネットサイトを掲げ、更に花蓮の魅力を感じてほしいと思っている。そんな彼は11月21日に台湾を後にする。

 坪さんは去年、交換留学生として上海・復旦大学に行っていたため流暢に中国語を話すことができ、寿豊郷での活動はいたって順調で、住民と学生とも連携が取れているという。
地域調査以外には、東華大学の日本語クラスに飛び入りで『助手』として参加し、ひらがなや基本的な日本語会話を学生に教えている。また後には日本の流行歌を学生と一緒に歌い、寿司の握り方などを教えるつもりである。